基本的な流れ
1)Let's make Today's Alphabet Card  (1回1つ、アルファベットカードを作ります。お母さんは、色やアルファベット・物の名前などを英語で言いながら、子供と一緒に塗り絵をします。子供が落書きしても、綺麗にできなくても、良いんです。)
 2) Take attendance ([here]とお返事できたら、ネームプレートを渡します)
 3) Today's Phonics (作ったカードのフォニックス発音をやってみます)
 4) ABC Song (作ったカードのアルファベットになったら、カードを上げて強調してね。)
 5) What' your name ? (GOGOのWhat’s your nameを歌いながら、お名前を言います)
 6) Hello Song (ペアになって、名前を言い合ったり、みんなで輪になって歌います)
 7) Finger Play(手遊び歌、2,3曲)
 8)Today's Special  (季節の行事や、工作、などなど、このコーナーはいつも違います。関連した歌もやります。 関連用語のフラッシュカードもやります。)
 9)Singing Time (Baby Talkのオリジナルテープの中から3,4曲、選んで歌って踊ります。テンポよく続けていきます。)
 10) Snack Time (おやつの時間です。 [Please] (here you are) [Thank you] を練習します。)
 11) Story Time (絵本を1冊読みますToday's Specialに関係してる本です。)
 12) Video Watching Time (VCRのあるところではビデオを見ます)
 13) Game (うまくできたら、Sticker をネームカードの裏に貼ってもらいます。 ここでも[Please] (here you are) [Thank you])の練習です)
 14) Clean-up & Good-Bye Song でおしまい。


赤ちゃんのうちから何かをインプットしておくというのは何を教えるにしても完璧に近い方法。 英語についても、早い内に発音や音に慣れておくと、後で英語を学ぶときにだいぶ楽に学習できるようになる。 赤ちゃんは独自の方法で言葉を話す方法を身につけていく。 それは、文法とかいったものではなくて、持って生まれた能力なのだ。 赤ちゃんはとても柔軟に、顎や舌、唇や歯をコントロールして、どうやったら英語に近い音が出るかを学び取っていく。 日本語には200音しかないが、英語には3000音も存在する、ということをもう一度考えてみて欲しい。 
と、小さいうちから英語にふれることを、後押ししてくださっています。
「英語は右脳を使う言葉、日本語は左脳の言葉。英語が使える人は、左脳への負担を軽くしてあげることができる。 ということを本で読んだことがあります。」 詰め込み、詰め込みで覚えていく子供達の負担は脳にも・・・、と考えると、片方の肩だけが凝りそうなお話です。Jeanの言っている英語には3000音ある、というのも小さいうちに自然に耳にいれておけばそれだけでも負担は軽くなりそうな気がしますね。

 活動

March 初めての活動
(お名前なあに?)

知らない人同士集まっているので、お母さん同士なんとなくぎこちなく、英語を話すのも、照れくさいし、様子を伺っている感じでした。 お試しで来ていただいたので、とりあえずこんな流れでやりますよ!というのを、特に説明もせずに、それもほとんど英語だけでやってしまいました。 もうちょっと、柔軟に説明を入れながらやればよかったなあ、というのが反省でした。 後でビデオを見ながらお茶をしました。子供に英語を早くからやらせたい理由はそれぞれ違いましたが、サークルに興味をもってくれて、続けて来たいと行ってくださったのはうれしいことでした。
始めの20分くらいは自由遊び。Clean-up Timeの歌(ディズニー)でお片づけをしてから始まりです。 お遊びの間に今日使う単語をトーキングカードで意識させました。
みんな初めてなので、GOGOの人形を使って、[What's your name]の歌の説明をしました。 キーボードのリズムに合わせて、一人一人 What's your name ? My name is ◯◯◯. How are you? I am Happy. と振り付きで、自己紹介しました。
 A (Apple)
♪What's your name ?
♪ This little piggy went to market 
♪ Pat a cake
♪ Row Row Row Your Boat (赤ちゃんを抱っこしてSwing。Smooth Riverにしたり Bumpy River にして遊びました)
♪ UpDown ♪If You're Happy (ノッテきたら、最後にKiss your baby とhug your baby、Tickle you などの動きを付け加えて遊ぶのも楽しいです。)
 Spot's First Walk  by Eric Hill (Spotによく似た犬のぬいぐるみで気をひいてから読み始めたら、みんないい子で聞いていました。フラップにも興味津々でした)
 GOGOの英語の冒険 Story 1,2 (What's your name の歌も出てきます)
子供達の緊張を和らげるためと、Attention用に、シャボン玉の人形を首から下げて、時々ふいてみたりしました。
April -1 ネームカード作り
(形を知ろう)

GOGOのWhat's your name の歌に出てくるTonyとJennyの人形も作ってDemonstrationしてみました。子供達は釘付けになって、口を開けて人形を追っていました。
 B (Bear、Baby, Butterfly)
♪Hello Song (握手をするように二人組でShake Hands, 最後のHello でHands up! )
♪If you're happy ♪Head, Shoulders,Knees &Toes ♪Walking,Walking ♪Ring Around the Roses ♪Pat-a-Cake (この歌が終わってから、○○ちゃんのクッキー焼けたかな? と言ってスナックタイムにするもの楽しいです)
ネームカード作り(形を知ろう)
長方形(Rectangle)と○(Circle)、□(Square)、△(Triangle)、☆(Star)の形の厚紙を、一つ一つ名前とActionを見せながら袋に入れます。(Shake,Shake), 手を中に入れて(Put in), 触って(Touch),ひとつ取って(Take )取り出す(out)。 取れた形のActionをみんなでしてみます。 Rectangleを取れるまでやります。 そのRectangle Card に名前や好きな形を書いて、お母さんと一緒にネームカードを作りました。できあがったら、透明のプラケースに入れ、好きな色の紐を通して出来上がりです。
なにかにつけ、[Please][Here you are][Thank you]を使うようにします。
「 どんな形?どんな色?」 アラン・スノウ  プルタブ付きの絵本。お母さん達も、面白そうに見てくれました。
ZIPPY's Fun & Games (ディズニー)の中の形の部分
Game: 長方形(Rectangle)と○(Circle)、□(Square)、△(Triangle)の書かれたシールを渡し、その形を部屋の中で見つけます。見付かった人から、Stickerをもらえます。
使う曲を集めたMDを使用。頭出しが簡単に出来、テンポが良くなる。 お母さん達が少し慣れてきて、少しずつ英語が出てくるようになる。
April-2 風船遊び
(色を知ろう)

動物の形の色ポスターを貼り、雰囲気を盛り上げました。みんなお部屋に入ってくると、ビックリしたのか、立ち止まって、動物さん達を見ていました。 Jeanに講師として初めて来ていただきました。 初めてなのに、子供達も恐がりもせず、馴染んで遊んでいたのが印象的でした。 GOGOの人形を持って、姿勢を低く、這うようにして、ひとりひとりに歌いながらWhat's your name ?とやってくれたのには、感激しました。 とてもEntertainer で、素敵なおじさまです。 Jeanが一足先に帰る時には、なきべそをかく子もいる程の人気ぶりでした。
風船遊び
動物の形をした色のポスターを貼っておき、そこにそれと同じ色の風船を張り付けておく。 自分の引いた色のところへ行って、[Balloon Please] といいながら、風船を取る。風船をふくらまして、初めは結びません。Blow your balloon, but don't tie up the balloon. [1,2 Ready go! ]で手を離して、風船を飛ばします。
どこにいったかな?[Where is ○○(色の名前) balloon? ]見つけたら、[I got it!][I found it!]
今度は、口を結んで [tie up the end of the balloon] ポンポン弾ませて[Up&Down]
♪ My Balloon (Labo)の曲に合わせて、Up it goes, fall it down と唄って遊びました。 他3,4曲。
 Brown Bear, Brown Bear What Do You See by Eric Carle
プレイアロング(ディズニー)の色の部分
May 1 ちょうちょ
(Arts&Crafts)

春の間に「ちょうちょ」の曲を唄って踊りたくて考えたActivityでした。
後で聞いた話ですが、この時作ったチョウチョをとても気に入ってくれた子が、ボロボロになっても、ママのところへ持っていって、「ちょうちょ、をやって。」という感じにせがんだそうです。 そのママは、サークルでやったことがよっぽど印象に残ったみたい、と言ってました。 その時その子は、まだ1才前。 反応がなくても、何かは感じていてくれるんだなあ、とうれしく思ったエピソードでした。
C (Cat,Car,Candle)
ちょうちょ作り:折り紙(Folding Paper)とモールを用意します。折り紙を半分に折って(Fold from the center to be half) から、手でちょうちょの形らしくビリビリ切ります(tear off the paper to make a butterfly shape)。 モールを半分に折って、先の部分を触覚になるように折り曲げます。テープで折り紙のちょうちょを貼ってできあがり。 しつけ糸をくっつければ、ほおら、ひらひらちょうちょです。
ちょうちょを、Flutter ひらひら、Swayゆらゆら、Fly、Danceさせましょう。
お花畑作り:画用紙に殴り書き(Draw) します。これを葉っぱに見立てて、残った折り紙を、ビリビリにちぎり(tear the papers to pieces)、お花に見立てて貼っていきます。 はい、お花畑の出来上がり。
 Butterfly (童謡ちょうちょの英語版です) お花に止まったり、ひらひらしたりして遊びました。
Very Hungry Caterpillar (はらぺこあおむし) by Eric Carle モールで青虫をつくって、絵本の穴をもぐもぐさせながら読みました。
May-2 動物園に行こう
(動物の名前と動き)

この日、大流行の風邪と、強風で12組の予定が4組になり、ちょっとさみしかったのでした。でも、きてくれたメンバーで楽しみましたよ。
D (Dog, Dinosaur)
動物園に行こう
牛乳パックで作ったサイコロに、動物の絵とその動物のする動きを書きます。
部屋にも同じ動物のポスターを貼っておきます。
サイコロを振って[Roll the die]、どの動物のいるところに行くかを決めます。 でた動物(ex.Rabbit) の所まで、その動物の動きをしながら(Hop,Hop,Hop like a rabbit)移動します。
Bird - Fly / Rabbit- Hop / Frog - Jump / Fish - Swim / Elephant - Walk (Stampでもいいです)/ Crocodile - Crawl
♪Walking Walking, ♪Row,Row,Row Your Boat, ♪The Bus 動物園まで歩いたり、バスに乗ったり、ボートに乗ったりという設定です。 他2曲
 This Little Piggy Went to Market マザーグースの絵本です。飛び出す絵本は好評でした。
June-1 新聞紙で遊ぼう
(いろんな形への変化と動き)

この回は、いつものWhat's your name? に How old are you? を付け加えました。 もし、日本人同士でもそうのように、運良く外国人の親子と一緒に遊ぶ機会が有ったときに必ず交わす会話ですものね。 まずは、お母さん達が、○才○ヶ月という言い方に慣れれば自然に子供達も耳に慣れていくと思っています。 お母さん同士のお話するきっかけを増やすため、そして、How old are you ? を多く聞かせるため、みんなの月齢を書いた紙を1枚ずつ配り、How old are you ? と聞いて回って、自分のパートナーを見つける遊びをやりました。
E (Egg, Elephant,)
新聞紙で遊ぼう [Let's play with newspaper] 。 新聞紙がボロボロになるまで使って遊びましたよ。
1人1枚の新聞紙、まずは拡げて閉じて [open/close] 。半分に折って、長方形 [rectangle]。 それから斜めに折って三角 [triangle] 。 正方形 [square] もできるよ。
紙飛行機 [paper airplane] も作って飛ばしてみよう。 Fly Fly Fly away !
もう一回拡げて、ぐちゃぐちゃにしたら、ボールができた。 投げてみよう [Throw]。拾っておいで [Pick up]。 もう一回拡げて、今度は棒を作ってみよう [make a bar with rolling the paper from the edge] 。 そしてそれをねじりながら、輪にするよ [Let's make a ring with twisting the bar.]。これは何かな? 輪投げの輪 [rings]。 それとも、車のタイヤ [wheel]かな。 ペットボトルに水を入れて、輪投げ用のTargetも置いておいたよ。
The Bus 他4曲
 The Wheels on a bus
くもんぴあ 動作の部分 (kick, throw, catch など)
June-2
顔と身体の部位を知ろう

この回から、カードフラッシュを入れてみました。ガラッと雰囲気が変わって、赤ちゃんもママも集中して見てくれました。 今回は、お風呂に入って寝るまで、という設定で、歌や絵本を使ってみました。 
 F (fish, frog)
顔のパズル (段ボールに紙を貼り、顔をかいてくりぬきパズルを作っておきました。) ひとつひとつはずして見せながら、私の顔に当てて、eye,eye,eyes / nose /ear,ear,ears / などとやってみせ、みんなにもやってもらいました。 目や耳は片方ずつ隠して、eye, eye, 両方見せて eyes、と何気なく複数単数も耳に入れます。
その後、部品を全部はずして、かるたごっこをしました。 [I can't see, please give me my eyes.] [I can't smell anything, please give me my nose.] [ I'm hungry, but I can't eat without my mouth, please give me my mouth back ! ] [ I can't hear you, please give me my ears.] てな感じに、声をかけながら、顔の部品を取ってもらいます。目が戻ってきたら、[Now, I can see you somehow, one more eye please.] とか、耳が戻ってきたら、[Great! I can hear you now.] などなど面白おかしくお話します。
お風呂の入り方 赤ちゃんを抱っこして、Wash your hair / face / arm /back / leg /tummy / bottom など。 Low low low your boatに合わせて、♪wash wash wash your hands, wash wash your hands, dry dry dry your hands, dry your hands up もやってみました。
♪Two Little Eyes ♪This is the way we take a bath ♪Twinkle Twinkle Little Star (baby-talkオリジナルの振りを作ったよ) ♪Are you sleeping
カードフラッシュ: 身体と顔の名称
 「Good Night Moon」 部屋にあるものひとつひとつにGood Nightを言っていくお話です。だんだんページのトーンが暗くなっていく、素敵な本です。 みんなシーンとなって、聞いてくれました。
 
July-1 七夕遊び 願い事なあに? 
(Arts & Crafts/ ほめてあげよう。)

この回は、Jeanにも来ていただきました。 七夕用の良い絵本がなかなか見付からず、結局人形劇で七夕のお話を再現することに決め、前夜に人形とシナリオ作りを慌ててしました。 その甲斐あって、子供達も大人達もじーっとくいいるように見ていてくれました。七夕の飾りをつける笹も用意して、七夕祭りを楽しみましたよ!
G (GOGO,Grapes) 
 天の川を渡ろう。[Let's across the milky way] 誉めてみよう。 今日のアルファベットはG。 Good,Greatなど意外と誉め言葉にGが多いのです。 星形に切った厚紙をアルミホイルで包んで作った☆を床に蒔き、両端にリボンを流して天の川を作りました。 天の川の反対側から、お母さんがCome on! と赤ちゃんを呼んで、上手に天の川を渡って来れたら、Hugして誉めてあげました。 [Good girl (boy) ! Great ! Good job !] など。
七夕の願い事を書こう。[Let's make a wish.]  自分の願い事を英語で短冊に書いてみました。英語での表現がわからない場合は、Jeanに [please tell me how to say "xxxxxx" in English ?] と聞きます。
ちなみに、「優しい女の子になれますように・・」は、[be a kind and nice girl when I grow up] でしたよ。 
七夕の飾りを作ろう。 [Let's make Tanabata's ornaments.] ちょうちん[lantern]、たこ[octopus]、天の川 [milky way]、などなどたくさん作りました。
♪Come on, come on Panda, Rabbit, Koala (パンダ、ウサギ、コアラの替え歌です。panda- pan,pan と手を叩く、rabbit - hop,hop 手は頭の上にして耳の真似、Koala-hug,hug 赤ちゃんを抱きしめます。)かわいい〜と好評でした。
♪ Tanabata (替え歌です)
♪If you wish upon a star.
カードフラッシュ:色 Jeanが本物の発音でしっかり指導してくださいました。
人形劇:七夕のお話 
 July-2 フォニックス他 Review

この回は、夏休み前の最後の回。これまでのReview がほとんどでした。
 H (Hippo, Hat) / I (Indian) / J (Juice, Jam) / K (Kangaroo, Key)
*フォニックスは、AからKまで。
*夏休みの間にも使ってもらえるように、アルファベットカードを使った遊びをしました。
 1) Touch apple, など絵の方を上に向けて置いて、物の名前をいって取らせる。
 2) アルファベットの方を上に向けて置いて、「A、あ、あ、あ」、と言ったらAを取らせる。
一度にあまり多くのカードを並べるよりは、少しずつ増やしていく方が覚えやすいです。また、わからなくて手が止まっていたら、お母さんが手に持たせてあげる。それでも誉めてあげる。そうしていくうちに覚えていきます。
形遊び ビニールテープで床に△と□を作りました。 部屋の中に常備されているウレタンブロックの△と□を持って、それぞれのエリアに運びます。 □をいくつもくっつけると何になるかな? △を二つくっつけると何になるかな? 3つだと何になるかな? 
ほかに色鬼もしました。 これは結構楽しめました。 
みんなのリクエストでやってみました。人気は、Head & Shoulders/ Clap your hands / If you're happy / Walking, Walking などの身体を動かす遊びでした。
 「どんな形?どんな色?」 前に使ったとき好評だったので、もう一度使いました。
前半、色と形を中心にやってきたので、その総復習です。
 September-1  
Finger Family & Look in the Mirror
(家族、顔と表情)

今日は、夏休み明け最初の回。 見学者も5名いて、計15組。大人数でした。 まとまらなくても仕方がない?と思いきや、結構子供達は集中してくれてました。終始多くの子がちゃんと輪になって座っていてくれてたのは、感動に近い物がありました。 前日から最悪のご機嫌。 でも、お迎えに来てくれたお姉ちゃんにあったら、急にご機嫌になり、サークル中もノリノリでやってくれました。 今回から、大幅にメンバーの皆さんのヘルプをお願いしたので、私にも気持ちのゆとりができ、それも良かったのかもしれません。 メンバーの皆さんのご好意、ご厚意には本当に感謝!です。 なんだか、メンバーも落ち着いてとてもいい雰囲気になってきましたよ。
まず、Take Attendanceです。 一人一人、大きな声で"Yes”ってお返事しました。(言えない子はママが代理) 2才半くらいの子は恥ずかしいながらも発声してくれます。 そんなときは、みんなで誉めてあげます。 
それから、Hello Song。 アルファベットの発音をやった後は、ABCソング。 今日は、GOGO人形と簡単なスキットをして、「欲しいときはPlease っていうんだよ。」「もらったら、Thank you だよ。」って、意識してもらいました。  GOGOがアルファベットのカードをAから順番にひとつづつ配ります。 ひとりづつ、アルファベットカードを掲げて、Aから順に言っていきます。 2度目はABCソングのメロディーで。 とても上手に歌になりましたよ。 GOGOがカードを集めます。 Thank you,や Here you are をお母さん達も進んで発声してくれました。
Warming-up で手遊びです。 Hands up & down / Open & Close / Peek-a-Booなど、これから唄うFinger Familyの動きのReviewも兼ねてます。 Peek-a-Booは、ブーで鼻を豚さんにしたり、ボーで、お口に手を当てて面白い音を出したり、ビーで、口を横に開いたりして遊びました。 それから、Finger Familyの歌です。(詳細は下記)
その後、今日のメインの鏡遊び。(詳細下記) 身体の部位、フラッシュカード。 
今度は、身体を大きく動かす歌。 Snack Time(アルファベットビスケット)、Story Time、Sticker Timeで、おしまいです。 今日は、新しい人も、出産のためさよならする人もいたので座談会しました。 ソフィアのトーキングカードも話題も、大盛り上がりです。(トーキングカードのページを見てね)
L (Lion) 他にも、Lemon,Ladybug,Leaf, Leg, Lollipop など。 絵の上手なママに、ホワイトボードに書いてもって、みんなで復唱しました。 
Look (今日はLの日なので) で、鏡の中にいる自分の顔を見て、Hello/
夏休みの宿題だった、指人形(プリントを渡して置いた)、作る手間が大変なのに、全員が素敵に作り上げて持ってきてくれました。 ぐずりだしていた子供達も喜んで、その歌の間は、ママの指に夢中でした。 指を折り曲げて、Sleep とか、Wake-up も覚えられる楽しい歌です。 歌の途中で、Here I am, Here I am と歌っていることにきずきビックリ。 リズムと集団の影響力を実感したのでした。
身体を大きく動かす歌では、Seesaw(二人組で、Seesawのように交互に上下に子供を持ち上げます。) Walking,Walkingや、Ring around the rosesは、動作を先にやってから、歌ったら楽しそうでした。Walk,Walk walk this way (1,2,1,2,1,2)/ Stop / Turn around / Walk,Walk, Walk that way という感じです。 他の動きは、Stand-up / Sit Down / Fall Down / Hop /Jump /Run などです。
鏡遊び。 鏡を上げ下げして、Hello/Good-bye。 hello で顔が見えたら、Smile、Good-byeしたら、Sad。 と、表情も覚えます。 だいたい、鏡を見せて、Hello!Smile というと、子供はにっこりするんです。 お家の洗面所だとママも一緒に映れるから、もっと楽しいですよ。 子供の顔を指して、Eye や Noseなど教えます。 それから、鏡の形のプリントに何が見えたか、書いてみます。 子供がもうちょっと大きくなると、自分でかけるので面白いと思います。 今はママが書いて印象づけてあげます。
 Look & Talk 「Baby Faces」 Ladybird 子供の表情の写真絵本、やっぱり子供は子供の写真が好きですね。
Septemberー2
Numbers / Colors / Slow & Fast
2学期は、数字も入れていこうと思い、今回は数字をなるべく多く使うように工夫してみました。 場所は、初めて使う「プラザ橘」、音の関係で2部屋をぶち抜きで使いましたが、広すぎてちょっとやりにくかったです。そういうこともあるんですね。 やけにしーんとしてしまうというか・・。
まずAttendanceです。 それから、Hello Song。 今日は、一曲を長々とやらずに、いろんな曲を次から次へと使っていったのですが、小さい子供向けにはどちらがいいのでしょうね。 お母さん達も、最近こどもが集中力が増してきて、乱れなくなってきたと感じているようです。子供の様子を見て、順番を変えたりできるようになったのが大きいようです。 
R(Rabbit,Right)  Right Hand に、紙のリストバンドをつけて、Right up , Left up, Right down, left down という感じにやってみました。まだ、ちょっと難しいかな。家で同じようにして遊んで欲しいです。足でやってもいいですよね。Step ふみながら、とか親の足の上に子供の足を乗せて右左いいながら足をだすとか。
手遊び歌は、♪「むすんでひらいて」 早く遅く。(早く進むおもちゃと、遅く進むおもちゃで気を引いて、早くやったり遅くやったりしました) ♪「Seesaw」 今日はUp&Downでなくて、Right&Left と身体を横に振ってもらいました。 ♪「Twinkle,Twinkle Little Star」 (右手に★を付けて) ♪「Seven Steps」 1234567(jump) 1234567(jump) 123(jump) 123(jump) 1234567 でと歌いながら最後回る。 その後、Let's make a circle let's make a circle 1,2,3 で子供の身体を輪の中に放り投げる荒技、でも子供は大喜び。♪Ten Little Fingers
風船遊び (赤、緑、黄色)風船を膨らめて、まず口を閉じずに飛ばす。子供の注意をひいておいて、今度は口を閉じ、数を数えながら、タッチする。 2チームに分かれてやってみる。 
信号遊び ティッシュボックスの中に30センチくらいに切った、赤・黄色・緑の布を、次々取り出せるように合わせて入れておく。 色と動きの説明。 Walking walkingと言って歩いているところで、一枚引く。緑が出たら、GO!GO!GO! 黄色が出たら、Be careful ! (walk slowly) 、赤が出たら、Now let's stop  Touch Color遊び 赤・黄色・緑の折り紙を壁に貼っておく。 離れたところに並んで、[Touch Red]と言ったら、走っていって、Touch Redして帰ってくる。繰り返し。 少し覚えたら、[
Take (get) Red] で、はがして持ってくる。 Tear it upでビリビリに破く。 [Give me red pieces]で紙皿に入れてもらう。 黄色も同じように。 グリーンはそのまま。 お買い物袋作り 紙にリンゴとバナナの絵を描いて(半分に折って袋状にしたとき表裏に絵が出るように) 端をテープでとめたものを全員に配る。 まず、[let's make an apple] で、さっき破いた赤の折り紙をノリで貼る。 [Paste, paste glue glue glue]など適当に歌いながら。 次はバナナを同じように作る。 最後、緑の折り紙を細長くして、持ち手に付けて出来上がり。 お買い物に行く歌を唄って、お菓子をもらいます。 
 How Many Bugs in a Box ? A pop-up counting book by David A. Carter Amazon.com のお薦めに載っていた本。 かなりボロボロになりつつある
お気に入り本のひとつ。数と一緒に色や、形状、パターンなども覚えられる動きもあって面白い本。 箱のふたを開けるところで、[Open !]と声をかけてもらいました。
Septemberー3
Colors / Shapes / 魚釣り
今回の準備には何故か時間がかかった。どうしても一度魚釣りをしたかったのだが、1歳代の子供にはじしゃくを使って釣るのは、まだ無理。 そこで輪くんのママと一緒にシールを鱗に見立てて貼ることにした。 また、この日はMLSのアシスタント仲間のめぐみ先生がきてくださることに。 めぐみ先生は作詞作曲が本業。子供向けの曲を作ったり、アレンジしてくれるということで、うれしくてうれしくて、つい準備に盛り上がった私でした。
今回準備したもの 
1)赤・黄色・緑の色画用紙を□と△に切る。 全員分に1セットずつ行き渡るように。□の片隅には、両面テープを貼り付けておく。
2)丸シール(大きめ)を半分にきる。 たくさん使えるように十分な数を準備。
3)事務用の書類を通す紐
4)猫の顔 (口の部分を開けて、ビニール袋を裏にくっつけ、食べさせられるようにする。) 大きい封筒の真ん中辺りを谷に折って口にして、赤く塗る、真ん中を切り縫く。 表面に猫の顔を書いて貼る。
当日は、急に見学者が3人来ることに。 10月からは2人メンバーが増えることに。
 うれしいが、15組近くなって、常にアシスタントがいるかな?と考え中。
この日はそんなわけで盛りだくさんにしすぎてこなしきれないかと思ったが、どんどんはかどり(これは子供も楽しんで集中してくれてる証拠だが)、いろいろ考えておいて結果的にはよかった。

 M (Monkey) 
♪Hello Song ♪ABC Song
Three Little Monkeys (手を前に出して上下に動かす振りなどで一緒に踊る、”bumped his head (頭を打つ)”という表現を覚えてもらう。
♪Finger Family (これを歌った後、みんなで "○○ちゃん, Where are you?"をやる。 ♪むすんでひらいて ここで立つ (1,2,3 Stand-uuuuup!) 立った後は、お母さんの足の上に子供の足を乗せて、Go forward 1,2,1,2, Go backward 1,2,1,2, Sideways 1,2,1,2, とやって遊ぶ。 子供たちが乱れてきたら、Count-downでFire!! その後は、Up-side downと逆さ吊り。少し落ち着いたところで  ♪Seven Steps
 カードフラッシュ(形) 
Learn to Read seriesから 「Buttons Buttons」 テープを使った。(リズムも乗りやすいので) 形や形状、色も出てくるのでこの後やるActivityのReview用に使用。
 色の□と△を配る。 Head, Shouldersの曲に合わせて、"Red, Yellow, Green & Clap your hands, Square, Triangle, Clap your hands" と歌いながら、言ってる形やいろにTouchする。 家でもやって欲しい。 音楽があればやりやすいと思う。 めぐみ先生、Keyboardで弾いてくれる。
その後、その形を使って何ができるか、形遊びをする。 お母さんひとりひとりが子供に見せながらやってみる。 ロケットや、家、お城、ねずみなどいろいろできる。
その後、いよいよ。
めぐみ先生、猫の鳴き真似。 Listen! 耳を傾ける。 猫登場。 (め)”I'm hungry"  (私)”Okay, I can make something to eat !" といってお魚を作って口に入れる、それでも足りなくてみんなでお魚を作ろうという設定。 シールを貼って鱗(scales)、しっぽ(tail fin) は、ぎざぎざの鋏でCut、目は穴開けパンチ。
できたら食べさせにいくぞ! 一段落したら、紐に通しておみやげです。
(ちょっと難しかったかな? でも、シールや、紐通しなどのうち、少なくともどれかひとつは楽しんでくれたようです。)
 しまじろうの絵本の中からお魚のでてくるお話を切り取って、英訳して読む。 その間に食べるスナックは「おっとっと」
October-1
粘土遊び

一度はやりたかった粘土遊び。(Play with clay) 
お母さんたちにも、汚れても良い服装や、袋など用意してもらったが、こちらもいろいろそろえた。
<粘土用には・・>
  *大きめのボール(スチロール製、人数分)
  *粘土の材料(小麦粉カップ1杯弱、塩大さじ1弱、食紅黄色少々)を人数分ビニール袋に入れる。
  *水
<熊さんの顔用には・・・>
  *牛乳パック(各自持参)
  *折り紙 (黄色1枚、茶色は小さい丸を一人2枚)
  *茶色の○シール
N (Nose) 
NOSEをやりたいと話したら、絵の上手な河野ママが、象と豚と人間の鼻を強調した素敵な絵を描いてくれました。 それを使ってパネルシアターをしました。 Nose覚えてくれたかな?
♪Hello Song ♪ABC Song
Seven Steps
♪むすんでひらいて
♪Ring around the roses (sit-down, lay-down, sit-up, stand-up に変えてやる)
♪ "○○ちゃん, Where are you?" 初めにGOGOを呼ぶ。

熊さんの顔作りGOGOがBearを紹介。 Bear君にはお友達がいないので、お友達を作って欲しいという、設定。 みんなで、牛乳パック(広げた物)に折り紙を切ったり貼ったりして、熊の顔を作る。 今日は○が主。大きさの違う○をいくつもつかって熊の顔を作る。
粘土遊び  しーっといって、"My bear is talking something" A BEAR says: "I'm hungry" で、おにぎり(rice ball)を作るという設定。 粘土をポケットから出して、おにぎりにしてBearに上げる。のばして(Stretch)してみせる。 子供が興味を持ってきたところで、粘土を作ってみせる。 、水はMagic waterということにして、入れると粉の色が変わる。 全員に配って粘土作り。 こなをtouchして、feelingを味わう、色のchangeを楽しむ。 そして、Mix(混ぜる), Knead(こねる), Roll(転がす), Round/Ball up (丸める), Pat(たたく), Stretch (のばす) など、動詞も一緒にお母さんに教える。 できたら、Let's feed the bear 熊さんに食べさせてあげる。 
感想: かなり、汚れたけど、お母さん達が面白かったみたいです。 子供達は、初めは感心を示さないように見えます。 でも、何度も遊んでいるうちにはまります。 作った粘土は冷蔵庫で保管可能。 油を少しいれると、保存が長くできるとか、でも、しばらくすると、油が浮いてきて、変色します。ま、それが捨てどきかも。

 「動物ぱくぱく」というプリップ付きの絵本を、鳴き声や、食べる音と共に英訳して読んでみる。 ごっくんとか、ぱっくんとかって英語でなんて言うんだろう?? 「もぐもぐ」はmunch, munch、とか、yumm, yumm とかですが。 
Octoberー2
Halloween Party
  
写真はこちら

準備:今回はハロウィーンなので、準備は気合いをいれました。 振り替えで自宅に来たお母さん達にも手伝ってもらい、とても楽しく素敵な物ができました。 当日は、早めに行けたので、ホワイトボードに家の絵を描いて、空にWitchをとばしたり、Halloweenの絵カード(自作)を貼りました。
お化けの飾りをつけて、少しだけデコレーションです。
みんなが入ってくる前に、あんぱんまんに変身。 バイキンマン。 ちょっとHalloweenらしくないけど、子供達への受けをねらって今年はそうすることに。 あまりに大きなあんぱんまんが目の前にいて、目が点になっていた子供も多かったけど、お母さん達には喜んでいただけたかな。
みんな、気合いの入った手縫いのコスチュームや、アイデアの光るリサイクルもの、買ったものを細工した物、手持ちの服をうまくデコレーションなどなど、ひとり、またひとりと増えていき、14組全員(今回は全員参加できました)集まると、雰囲気は否が応でも盛り上がっていきました。 
さあ、ハロウィーンパーティーの始まりです!!

準備した物: 
 ドア(赤、黄色、緑の3色のドア、かわいい絵柄付き)
 *ボーリングのピン (ラップの芯に動物の顔つけた物5本、ティッシュの箱にお化けの顔などつけた物3本) 
 *仮装 (各自全員) 
 *お菓子 (各自10人分くらいづつ、私の方でもボーリングの景品用とTrick or treat用に準備)
 P (pumpkin) 

♪Hello Song 
We're happy Halloweenに歌詞を変えて歌いましたよ。 感想のところでは、Boo!! とおどかしっこ。(めぐみ先生がすてきなHello songのテープを持ってきてくれました。 サークル用にテンポをゆっくりにしたもので、とても柔らかい感じの曲。次回から使わせてもらいます)
♪Halloween Song ( Trick or Treatに節と振りをつけたものなど)

♪むすんでひらいて
♪Head, Shoulders, Knees & Toes (
リクエストしてもらいました。やはり人気のこの曲) 
♪The Bus (Ryoくんママが「好きなの〜」とリクエスト、私も大好き!)

 単語
 Busにのって、Halloween House に着いた事にして、扉がいっぱいついたHalloween Houseで遊ぶ。 Knock, Knockと一人ずつやってもらい、中にいる、HalloweenのSpookyな常連さん達(Witch, Black Cat, Jack O Lantern, Skeleton, Spider) の単語を言ってみる。  ホワイトボードの絵も言ってみる。

Pumpkin作り 1−10までのDot-to-dotで、Jack O Lanternができる物を見つけたので、みんなで数えながら、Pumpkinを形取る。 そして、それぞれに色を塗って、切り取ってもらう。 10 Little Indiansの曲に合わせて、数えながら壁に貼っていく。 2回目は、手をたたきながら数える。 10個以上有るから、♪ 10 Little pumpkins and more~~ で、2回繰り返し。
ボーリング大会 まず、Row Row Row Your Boatの曲を、Roll Roll Roll the Ball に変えて、Ballの転がしっこ遊び。 それから、2チーム(2カ所)に分かれて、ボーリング。 一回終わったら別の場所でもう一回。 順番にできるかな。 ボールはうまく転がせるかな。 まだ、転がすことが難しい年齢が多い。 何度がやっていくうちにできるようになるかな。 倒れたピンの数だけ○シールをもらいます。 後で、シールを多くもらった子供に、特別大きなお菓子をプレゼント。
 少し休憩。 それから、Story Time Song を歌って、カードフラッシュ(お菓子シリーズ) 
そして、”What is Halloween” という本を読む。 Halloweenの日を、ねずみの一家がどう過ごすか、というわかり易〜いお話。 話の中に、Trick or Treat, Trick or Treat, Give me something good to eat という節が出てくる。 その部分は、みんなで振り付きで歌う。 この後やる、Trick or Treatの練習になる。

 Trick or Treat ドアの登場。3チームに分かれて、その中で初めにもらう人と、上げる人に分かれて、全員が交代で3つのドアを回る。
小さい段ボールのドアが子供達にはちょうど良いサイズで、結構喜んでやってくれた。 お母さん達にもおままごと気分を味わってもらえたみたい。
せりふは、Knock, knock / Hello / Trick or treat / Here you are / Thank you / Happy Halloween という感じ。 
 
後は、おやつを食べて、大撮影大会となりました。
画像をごらんくださいませ。
November−1
Autumn Colors & Acorn Shakers

今日の見学は、これから強力な助っ人になってくれそうな、お二方。 初めてなのに、いろいろ気を利かせてくださり感謝! これからも来てもらえそうです。
だいぶ葉っぱも色づき始め、今回は秋の遊びをしました。 下見にいったらどんぐりがたくさん落ちているのを発見し、遊びはそれに決定。 紅葉遊びや、秋の童謡なども入れたくて、思いつくもの片っ端から用意してみました。

1、折り紙の赤と緑、黄緑とオレンジを張り合わせて、イチョウ(Ginkgo)、もみじ(Maple)、葉(leaf) の形に切って、ブッカーでカバー。
2、木の形になるよう模造紙大の紙に茶色い紙を棒状にして貼る。
3、夏と秋の絵を書く。
4、どんぐり(Acorn)、とんぼ(Dragonfly)、栗(chestnut)、など秋の絵に貼るキャラクターを作る。
5、池(pond)と、どじょう(mudfish)を作る。 


★ How old are you ? と聞いて、I , am, ONE (1本指)/TWO(2本指) /ZERO (手のひら)と言って、指や手のひらをママと合わせる。 ゆっくり何度も練習。
★ Exerciseで、Stand-up/Sit-down/Lay-down/Walk/Jump/Stop/Change/Turn Aroundなどをやるが、結構子供たち自分で動けるようになってきた。
★ 早苗先生(以前ECCジュニアの先生をしていた方)に、お手伝いしていただきました。 てきぱきと英語でアシストしてくださり、とてもスムーズでした。 MIOがなついているので、MIOのお母さん役としてMIOにも他の子と同じようにやらせてくれていたのがうれしかったです。
★新しいテープができたので、皆さんに歌詞を配る。 テープはダビングしてj次回渡し。
 O (Octopus) 

♪Hello Song
先生が作ってくださったテンポをゆっくりにしたもの、初めて使ってみましたが、歌いやすそうでした)
♪Three Little Monkeys

♪Ten Little Fingers
♪○○ちゃん、Where are you ?
♪Under the Spreading Chestnuts Tree
♪どんぐりころころ (An acorn is rolling over)
英訳:Michikoさん

 フラッシュカードを使って。 遊具の名前。 滑り台 Slide / ジャングルジム Jungle Gym / ブランコ Swing / 砂場 Sand Box。 それぞれの動きを指名したママにやってもらい、カードをみたら、その動作をする。 だんだん早く。 結構楽しめた。 

秋のパネルシアター: テーブルを立てて絵を貼り、舞台にしました。夏の絵を見せて、説明。 (It's hot, Sky is Blue, Leaves are green etc) 、秋の絵に変えて、いろいろキャラクターを出す。 一緒に言ってみる。 子供たちは、キャラクターに(どんぐり君や、栗くん)に触りたくて、かぶりつき状態。 それから、池を貼り付けて、どんぐりころころ の英語版を歌いながら、どじょう君と、どんぐり君を動かしてみました。 お母さんたちも、「あ〜。」とか「お〜。」と感嘆の声をあげてくださり、うれしかったですぅ。 みんなでも歌いました。

枯れ木に葉っぱをつけましょう: 模造紙に貼った木の形の上に、葉っぱを貼る。 It's summer といって、外に行く前に、緑の面を上にして貼り、Story Timeの後で、It's autumn. といってひっくり返した人から Special Autumn StickerをGet. 

どんぐりShaker作り: 会場の外には遊び場と、どんぐりがたくさんある所だったので、初めて外に出ました。 どんぐり拾いにはなかなかの天気。 お母さんたちは一生懸命どんぐりを拾っていました。 戻ってきてからは、赤と緑と金色のテープでデコレーション。 クリスマスに使います。 できた後は、みんなでShakeしながら、どんぐりころころを歌いました。 洗剤用のスプーンを二つくっつけて作った小さなマラカスを作ったお母さんも。 なかなかのアイデアにみんな感心。

 The Four Seasons (Learn to Readシリーズ Science 1に入っているもの) 絵がきれいで季節がわかりやすい絵本。
 
November−2
Fruits

12月1日、先週は発熱で急遽延期でこの日になった。 が、前日よりまた発熱していて、結局先生に家で見ていてもらうことにする。 お子さんのお迎えの時に、会場へ連れてきてもらうことになった。 ついているので、なんとかなった。

色旗遊びなども考えて準備していたが、お勧め絵本を持ってきてもらうことになっていたので、それでかなり盛り上がり、別の回に持ち越すことにした。 Mommy, where are you ? や、Daddy, can you play with me ? そしてアメリカでベストセラーという Bark, George など持ってきてくれ、皆興味津々でみていた。 DWEの音がでる絵本もあった。 DWEは誰もが興味をもっているらしかった。 最後にBark, Georgeを読んでみた。 とてもかわいいお話だった。

★ How old are you ? と聞いて、I , am, ONE (1本指)/TWO(2本指) /ZERO (手のひら)と言って、指や手のひらをママと合わせる。 ゆっくり何度も練習。 今日はペアになって、練習してみる。 ママも楽しそう。
★ Exercise
Walk slowly, fast, and stop
Crawl ハイハイ fast, slowly and stop 歩ける子供達はなかなかハイハイができない。 もうちょっとハイハイを増やしてみようと思う。 1才前の子は得意そうにうれしそうにやっている。
Green is go, go, go, go. Yellow is slow and Red is stop と歌いながら、動いてみる。信号機の歌 DWEより
★ 子育て表現 朝起きるところから、お出かけするまでをやってみる。
Wake up, the sun is up. / Good morning. / Wash your face. / Change you pajama / Let's eat breakfast. (いただきます) / Let's drink milk. / Thank you for the meal, mom. (ごちそうさまでした) / Let's wash your hands./ Put your jacket on. / Let's go out ! とても簡単でしょ?

 Q (Queen) 

♪Hello Song 
めぐみ先生が作ってくださったテンポをゆっくりにしたもの、初めて使ってみましたが、歌いやすそうでした)
♪Three Little Monkeys

♪○○ちゃん、Where are you ?
♪Under the Spreading Chestnuts Tree
♪どんぐりころころ (An acorn is rolling over)
英訳:Michikoさん

 フラッシュカード 果物。 プラスチックのフルーツで、遊ぶ。 Give me 〜〜、please など。 いくつか袋に入れて、さわらせてみたり、一つづつ取り出して、その動作をみんなでしてみてもよかったかな? 次回に。

 紙芝居「くださいな (please) 」 果物屋さんに動物が次々とフルーツを買いにきます。 いろんなお手てがくださいな、と出てきます。 さあ、誰のお手てかな?  
 

Let's make an apple 赤い色紙を丸く切って、りんごの形にしよう。 Open Shut them を歌って鋏を使う練習だよ。 
Touch & Feel & Smell an apple 本物のりんごをひとりひとり手にもって、香りをかいだり、重さを感じたり、しながら、apple って発音してみよう。 五感をつかってね。 
Peel & cut the apple 本物のりんごの皮をむいてみます。 それから半分に切って、また半分に切って、いろんな断面のリンゴを見てみよう。 みんなも、丸いりんごをクルクルと丸くCut,そう Let's peel the apple 


December−1
Make Christmas Stockings

風邪が大流行の最中、驚くべき事に1人を除き全員出席。 うれしい悲鳴です。 全部で16組でした。 今までで一番多いかも・・。 国際交流センターは土足の部屋なので、カーペットを用意したが6畳でもさすがに手狭。 はみでたお母さんはちょっと気の毒でした。

サークルをやるごとに、一人また一人と声を上げて、返事をしたり、歌ったり踊ったりしてノリノリの子が登場する。 1才近くから始めていた子供達が多いので、ほとんどが1才半を越えている。 みんなの前だと緊張するらしいが、おかしをもらうときだけは、元気に[ Please ] とか [Thank you]を言っている。 やっぱりスナックタイムは大事だなあ〜。

★ 子育て表現 朝起きるところから、お出かけするまでをもう一度やってみました。 生活密着の会話を少しでもお母さん達に使って欲しいです。(詳細は、11月2回目参照)

 T (Tree) 
 今月はクリスマスっぽい曲を選んでみました。 新しいテープは、月ごとに歌を2,3曲決めてそれに沿って入れたのですが、やはり曲が新しいとまとまりがなくなるので、少しづつの方がよさそうです。 子供も小さいので。 でも、テープに慣れてくれば大丈夫かなとも。まだ、テープ配布し終わって、1週間ちょっと、厳しかったかな〜、今回は。

♪Hello Song 
♪○○ちゃん、Where are you ? 

♪BINGO
(B/I/N/G/Oと書いた紙&手の形を5つ用意して、一文字づつ手で隠して歌っていく。 簡単で盛り上がる歌)
♪London Bridge 
子供が小さいとお母さんと手を合わせて橋を造っても下をくぐれない・・・。 そこで、フラフープの登場だ。My Fair Ladyで捕まった人が次に持つ人。これはみんな喜んだ。
♪Teddy Bear  お休みの時に歌う歌。 くまさんのぬいぐるみに、口をポ〜っと開けてみる子供数人。 ぬいぐるみに弱いのね。みなさん。
♪We wish you a merry Christmas Wee sing Christmasにあった2番はClapping、3番はTwirling(くるくる回る) のVersionを使用。 でも、もうちょっと動きをつけないと、退屈してしまう。 鈴は持っていって良かった。

 色画用紙で大きな靴下を作った。 その中に、鈴を入れておき、What' s this sound ? と子供の興味を引く。 ここまで鈴は使わないのがコツ。 中を覗いて、ひっぱりだしたら〜〜、サンタのカード、もっとひっぱると、トナカイのカード、そして、Bellのカード、このカードを出しながら、お話をする。太線がカードの物。
Santa Claus is coming at Christmas / with reindeer sled / with ringing bells / We prepare (eat) cakes / and (hang) stockings / and (trim) Christmas tree / we decorate the tree with many ornaments / at night we bright candles / and from the chimney / Santa Claus is coming 〜〜〜〜と繰り返す。 

Fruits &Action 遊び ←これは受けた!
まず信号の歌 (Green is go go go go..., Yellow is slow, and red is stop ) を歌いながら、歩いて進む。
その後、お母さんの膝の上に座って、Turn right / Turn left / Go straight / The signal is red, STOP / Now, turned to green go go go ! などと言いながら、Fruits Park に到着。 前回使用したプラスチックのフルーツの中から、Apple / Pear / Banana のみ袋に入れる。 それぞれのActionを、お母さん達に決めてもらう。
袋から1つづつ取り出し、そのFruit のActionをやる。 ちょっと恥ずかしいんだけど、楽しそうにやっていた!
Apple は、頭の上に指先立てる。 
Bananaは、右手と左の手のひらを斜めに合わせ滑らせる。 
Pear は、おしりのところで、裾広がりに手を広げる。 
*その後のエピソード:サークルに生後6ヶ月の頃から参加しているY君のママが、ある時、Y君がTVを見ながら変な格好をしているのを発見。 何の格好だろうと考えているうちに、それは「Pear」と気がつき、驚いたそう。 その後、我が家に遊びに来てくれた時もなにげな〜くその格好をしていた。気に入ってもらえたかな?うれし〜!

Let's make your stocking.

準備したもの: 
色画用紙、型紙、穴開けパンチ、1.5メートルほどの紐(これは各自持参してもらったが、きれいなリボンなど凝っているお母さんもいて、素敵だった) 
まず紙を半分におり、型紙のように切る。 周りに穴をあけて、紐で縫う。 梱包用のナイロンの紐でも十分。  

サンタさんへの手紙
余った紙で、サンタさんへの手紙を書く。 I want ○○ for Christmas.
Stockingの中に入れて、つるしておこうね。 欲しい物の写真がある人は貼って、しっかり御願いPush !!

時間があったら、みんなにWhat do you want for Christmas ? と聞いて答えてもらおうかと思ったが、時間がなく残念。 次回繰り越しです。 やはり、Stocking作りは時間がかかります。 でもお母さん達の中からのやりたい、作りたい!との要望強く、やってみました。 かわい〜〜!と好評。 
次回、どんな風に変わってきているか楽しみです。 ちなみにうちは、綿でふさふさをつけました。

宿題: 紐は2本用意してもらったので、もう1本は、オーナメントを作ってつなぎ、Stockingの中にいれてもらう。 ツルツルと出すと子供は喜ぶ。 大人も・・? これはクリスマスパーティーで使います。

December−2
Christmas Party 画像はこちら

今回はクリスマスパーティーということで、準備も万全に整えた。
1)Tree : これは、空気を入れて膨らめるビニールのツリー購入。 当日、SantaへのLetter や綿を飾る。
2)Ornamentは、各自好きに作って、用意した紐にくっつけて、つなげる。前回作ったStockingに入れて当日持参。 
3)Stockingは、当日前面のホワイトボードにツリーの形に貼っておく。 
4)折り紙でSantaの形を作って、後ろに、風船をくっつける。 そうすると、ホラ!SantaがPresent袋を持っているよう!(手分けして準備) これは、みんなに配るお菓子の袋にくっつける。
5) たまたまPartyの前の週にいったDisneyLandのお土産袋に、Mickey Santaや、Minnie Santaがたくさんついていた。捨てるのがもったいなくて、丸く切り抜き、厚紙に貼って、Christmas Special Name Cardを作った。
6)Special リースを作るため、赤と緑の色画用紙を適当な大きさに切って人数分準備。
7)紙芝居用に効果音準備。 絵本を拡大コピーして、厚紙に貼る。 早苗先生と何度か会って、読み合わせしておきました。 Santaの絵にストローを付けてSanta旗準備。
8)Santa服Santa Bagも準備。 
9)Balloon遊び用に、大きな布を準備。 なるべく正方形に近い方がよいだろう(ほんとうはパラシュート、丸形)と、結局我が家のベットカバーを使うことに・・。
10)Present各自500円くらいのものを準備。

まず来た人から、会場の準備をバシバシ手伝ってもらう。もってきたPresentをSanta Bagに入れてもらう。
紙芝居用に体感ブロックを積んで台を作る。 Treeを膨らます、Today's Programや歌詞を貼る等々、大忙し。
Jeanにもその場で、お願いすることを説明。

 S (Santa) 
Opening: ABC Songで集まったら、Merry Christmas ! のご挨拶。 Guest紹介。今回Y君のDaddyが見学に来ていたので、カメラマンを御願いする。
 
♪ We wish you a merry Christmas. Seven steps と同じように前に7歩、後ろに7歩、前3、後ろ3、Turn around 2回目は、前7Clap、後ろ7Clap 、3回目は、Jumpを入れて踊って歌う。
♪ Where are you ? JeanがName Cardを読み上げて、一人一人呼ぶ。 Little Conversationの後、Where are you ? を歌う。 
♪ Ring a bell Row your boatをRing a bell に変えて歌う。 子供は抱っこして、Bellのように、横にSwing / 前後にSwing。
♪BINGO
今回は、B/I/N/G/Oと書いた紙&手の形は使わないで、歌う前に、Clap once "Clap" / Twice "Clap, Clap" / とFive Timesまで練習してみる。 回数より多く叩いちゃう人を期待したが、All did good job. でした。
♪Teddy Bear  まだ小さい子供が馴染むには時間がかかるかな?という感じ。 かわいい歌だけど、何度もやらないと一緒には踊れないかな? 
♪London Bridge  今回もフラフープの登場。(子供が小さいとお母さんと手を合わせて橋を造っても下をくぐれない・・・。) My Fair Ladyで捕まった人が次に持つ人。 だんだん早くしていくと、輪もまとまってくる。 最後は私が捕まった。


Let's make Christmas Lease with tracing your hand and foot.
(手と足の形をとって、リースを作ろう)

初めに、BINGOで使った、Handを見せる。What's this ? It's a hand. 足を見せて、What's this ? It's a foot.
Let's compare hands with mommy. Which is bigger ? などといって、Hand について話をする。 Hand can draw, hold, tap, shake hands and exchange greeting etc. 今成長中の手や足の形を切り抜いて、Let's make a memory of 1999! 
色画用紙を配ってTrace & Cut してもらう。 Name & Date を書いてもらって、 用意しておいた模造紙に、リース状に貼っていく。 子供が動くので、そんなに綺麗にはTraceできないけど、その子なりの大きさに仕上がっている。 大きい子のはやはり大きく、小さい子のはまるでMaple Leafのようにかわいい。 ひとつづつ貼って、リースができあがり、Topに大きな☆を付けて完成! 全員の気持ちのこもったリースです。
Episode: Ryo 君のを見て、Yuhta's Mommyが「手が6本あるよ。」と指摘。 Ryo's Mommyは大慌てで、修正。 思わずみんな笑っちゃった! 

ここで、Stockingの中に入っているOrnamentを取り出す。 おいしい役をやらせていただく。
Stockingの中からは、ツラツラツラ〜と長〜くて素敵な力作が次々と出てくる!!! ひとつ取り出す度に「わぁ〜!」の声!! 段ボールで作ったお菓子がついていたり、好きなキャラクターの絵がはってあったり、いろんな色のベルが並んでいたり、本物のリースがついていたり。 取り出している私も、あまりの皆さんの力のいれように感激し、胸がふるえちゃいました。 
さあ、ここでJingle Bellを歌います。 Ornamentを振ったり、紐に捕まってつながって走ったり。 ひと遊びした後、いよいよOrnament飾る時がきました。 手形足形のふたつのリースに斜めに掛けていきます。
今まで見たことのないほどの素敵な飾りができあがりました!! やった〜!

Snack Time: だいぶ興奮してきたので、Snack Timeに。 Special Name Cardのキャラクター同士で、おかしのあげっこをする。 

 Picture Show (紙芝居)  Is that you, Santa ?
Sの発音の練習。 S,S,S, Santaと練習。 その後、Santaの旗を揚げたら、Santaという練習。をして、紙芝居Start. 早苗先生が、Santaについていい前振りをしてくれる。 
子供がBed で寝てSantaを待つが、電話の音や、Glass Ballの割れる音、Popcorn食べる音などが気になって、そのたびに、Is that you, Santa ? と聞きに行く。 という話。 音は効果音を使用し、子供も注意をひいた。
とうとう眠ってしまってSantaがやってくるところでは、Santaがトナカイに乗ってくる絵を出して、Jingle Bells をみんなで歌ってもらった。

その後、What do you want for Christmasと聞いていたら、Santaがやって来た!! BGMは♪Santa Claus is coming to town JeanのSantaぶりは最高! 子供達は、目を丸くして驚いている。MIOも目を血走らせて、"Santa...Santa..."とずっといっている。 みんなにPresentを配って歩いてくれる。 そこらじゅうでフラッシュがたかれる。 もうまるで何かのShowwに来たかのよう。 SantaはHeroと化した。 Santaとの記念撮影の後、Santaが行ってしまうと、悲しくて泣きじゃくる子もいた。 MIOは、「Santa、終わっちゃった・・」と寂しげながら、お菓子をほうばる。

その後、今までのサークルで思い出に残ったことなどを話してもらって、(英語で話せるMommyも多かったぞ) 最後のBalloon Time. 大きな布を出して、風船を乗せる。 みんなで端を持って、Waveを起こす。
Windyなのと、Balloonに、子供達は大興奮。 その後は、布の下に子供達を入れ、同じようにする。 1.2.3 で手を離し、上にとばしておしま〜い!
 

このページのトップに戻る。